サンライズ幼児学園は才能教育の鈴木メソッドを
学園の保育教育の理念としています。

ごあいさつ

いまの日本の幼児教育は、文部科学省が管轄する幼稚園、厚生労働省が管轄する保育園、習い事や小学校に行くまでのプレスクールなど分割されていいるのが現状です。 サンライズ幼児学園では、それらを統括した総合幼児教育の一体化を目指しております。
 
それを実現するために「鈴木メソッド(才能教育)」を取り入れて、知育(頭の良い子)・徳育(心の優しい子)・体育(体が丈夫な子)のバランスのとれた保育をし、混合自由保育を取り入れ、お子さまにとって大事なこの時期に必要な教育を行います。

人間の脳細胞は3歳までに80%が出来上がってしまうといわれています。聞く、話す力をつける、集中力、社会性を養い、友達をつくる、ルールを守るなどの能力を身に付けることがこの時期の教育に最も大切なのです。
 

代表 前波 鼓(まえば つづみ)

サンライズ幼児学園のごあいさつ

サンライズ幼児学園は“どの子も育つ、育て方ひとつ”を
 実現する幼児教育と環境をご用意しています。

サンライズ幼児学園の保育理念

保育理念

一般的に才能教育というと英才教育のように、何か特別な才能を持つ子の教育と誤解されることがありますが、決してそうではありません。

 鈴木メソッドは創始者 鈴木鎮一の考えた“どの子も育つ、育て方ひとつ”という「母語教育法」の理念に基づいた「才能教育」です。 サンライズ幼児学園では才能教育として注目を集めている鈴木メソッドを軸とした保育教育を理念としています。

才能教育は知育・徳育・体育と心と体のバランスが重要と考えます。サンライズ幼児学園は“どの子も育つ、育て方ひとつ”を実現する幼児教育と環境を用意しています。
 
より早き時期
よりよき環境
より正しき指導の方法
より多き訓練
より優れた指導者

 才能は生まれつきではありません。どのお子様も生まれた時はみな同じです。サンライズ幼児学園では早い段階で良い環境を与えて、能力を育んでいきます。

朝の会 設定保育 ギャラリー